# by holistic-medicine | 2011-06-08 10:03 | 中部支部
中部シンポジウム2011 ―6月5日報告―
ホリスティック医学シンポジウム中部2011

“いのち”に寄り添う ~ひと、たましい、医療~

d0160105_8407100.jpg
【日時】2011年6月5日
【会場】ウィルあいち
ウィルホール
(名古屋市東区上竪杉町1)







 今回のプログラムは終末期ケア、ならびに死の看取りに及ぶまでの医療がどのように役割りを果たせるのか、また、患者さんを中心とした人間関係を円滑にするには(満たされた臨終を迎えるには)というテーマを掲げた。
 日本人の死生観とは何か、「わたしがわたしで本当に良かった」と思えるような死を向かえることは可能か?という、そもそも論を紐解くべく、和学(japonology)を専門学域とする南山大学、まどか・アッセマ・庸代准教授に「日本人の“いのち”感」を説明いただいた。「身に合った振る舞い」「和語が示すいのち感」「“場”のエネルギー」など高邁なステージを自然に受け入れられる日本人の素質にあらためて気付かされた。

d0160105_9572340.jpg
 午後の基調講演「いのちに寄り添うスピリチュアルケア」(飛騨千光寺住職、大下大圓氏)では、世界スケールでみる宗教(観)的「いのち、たましい」の捕らえ方、瞑想療法の効果・効用、ターミナルケアでの実際の事例など、僧侶のイメージとは異なる学際的な研究と成果の発表をいただいた。もちろん専門領域である仏教・仏典にみる生命・いのち感も説明いただいた。


 研究講演、基調講演を終えてシンポジウムでは、各パネラーに説明をより理解しやすくするために、事前にパワーポイントデータとしてそれぞれ15分前後、提示・解説いただいた。特に船戸医師からは、悪性病で若くして亡くなった本人と家族の手記、年月経過してからの家族の思いなど、実話にもとづいて解説いただけた。これには会場の聴者も感慨深く聴き入っておられた。恒川医師、堀田医師は統合医療、補完医療を用いた時の患者さんの事例報告を中心に解説いただいた。癌のステージ4の患者さんの5年生存率(総数50余名)が50パーセントに達する報告(通常は20パーセントを超えない)。薬を少なく処方できる方法など多岐に渡った。


 パネルディスカッションでは、終末期医療の改善が促されない理由として、医療システムの不備を挙げられた。医療者が「行ってあげたいが保険適用でないので行えない」、「医療外の助言、例えば死についてや博愛情の吐露など」、課題は多いように思う。
 大学者であるまどか氏は東京大学大学院での遺伝子研究の経験もあるため、国内外の研究者とも交流がある。医学研究における、国内の教育システムも万全とは言い難い状況だという。直ちに成果を求める研究に走りやすい研究者の意識改革と、それを支える国家的な応援も必要ではないか。


 今回シンポジウムの参加者は173名だった。午前、午後と長時間に及ぶ学習会ではあったが、ほとんどの方が最後のプログラムまでおられた。挙手による医療従事者、コ・メディカルを尋ねたところ、およそ半数であった。
# by holistic-medicine | 2011-05-30 10:38 | 本部・関東
(2)震災ボランティア活動の紹介 ~岩手
被災地でセルフケア講習会を開催

地震や津波の恐怖を味わい、避難生活を送る被災者が苦しむ目まいや不眠、不安…。
東日本大震災の被災者が抱えた自律神経の乱れやトラウマ(心的外傷)について、
被災者自らがケアする方法を、伝授したいと関西の医療関係者が立ち上がりました。
メンバーは、当協会理事である竹林直紀医師を中心に、医師や看護師、理学療法士、
アロマセラピストやヨガ療法士ら25人で結成されたボランティアチーム。
一行は、5月2日~5日に岩手県入りし、呼吸法やアロマオイルを使った
ハンドマッサージなどを避難所で丁寧に指南されました。

d0160105_10304630.jpg被災地でセルフケアを伝えるため準備をする
竹林医師(左上)ら
(甲南女子大で4/30午後に撮影されたもの)





竹林医師は一足早く前日に現地入りし、1日は避難所4ヶ所でセルフケアの
ワークショップを行い、翌日2日には、岩手大学で被災者支援にあたる人を対象に
セルフケア講習会も開催されています。以下、内容を紹介いたします。

【テーマ】東日本大震災 「被災者と援助者のためのセルフケア」 
     体験ワークショップ 『精神生理学的ストレスケア』

【日 時】2011年5 月2 日(月) 会場:岩手大学人文社会学部6 号館

【対 象】臨床心理士・医療関係者・教育関係者・相談関係者・院生・学生

【講 師】竹林 直紀 医師
     ナチュラル心療内科クリニック院長
     アイ・プロジェクト統合医療研究所所長
     NPO法人日本ホリスティック医学協会理事

【参加者】約40 名

・・・・・・・・・・ セミナーの内容 ・・・・・・・・・・

この度の大震災による大きな環境の変化は、心だけでなく身体にも自律神経を介して
影響を及ぼしています。
動悸・息苦しさ・めまい・肩こり・頭痛・不眠・食欲不振・腹痛・下痢などの身体の症状や、
不安・緊張感などの心の状態は、ストレス反応と言われている交感神経緊張亢進といった
自律神経のバランスが崩れた状態により引き起こされています。
また、自律神経は内分泌(ホルモン)や免疫の働きとも密接に関連しているため、
ホルモンバランスが乱れたり細菌やウイルスへの抵抗力が低下したりするなど、
さまざまな病気に影響を与えます。
「精神生理学的ストレス(トラウマ)ケア」は、心身のストレス反応を自分自身の力で
改善していくためのセルフケアの方法です。
医療施設や薬がない状況下でも、自律神経バランスを自分自身で回復することで
さまざまな心と身体の症状を改善することができます。
ワークショップでは、呼吸法、自律訓練法、誘導イメージ法、マインドフルネス瞑想など
の自分自身でできる自律神経バランス回復のための方法を、バイオフィードバックという
生理機能(自律神経機能)モニター機器を使い習得していきます。

・・・・・・・・・・・・・・・ 以上 ・・・・・・・・・・・・・・・

竹林医師が所長を務めるアイ・プロジェクト統合医療研究所(http://www.i-hi-med.com/)では、7月にもセルフケアの第一人者である米国のエリック・ペパー博士にご協力いただき、
岩手県でセミナーを開催する計画があります。

震災から2カ月以上が過ぎ、被災者の方々のストレスの影響も次第に大きくなっています。
一人でも多くの方にセルフケアの方法を広めていきたいと竹林医師らは心から願っています。
# by holistic-medicine | 2011-05-30 10:25 | 本部・関東
(1)震災ボランティア活動の紹介 ~仙台
被災しながらも被災地支援をする皆さんがいます

仙台事務局・元運営委員の村上弘子さんは、仙台市に在住でご自身も被災されましたが、電気、電話が復旧するといち早く支援活動を開始、今もバッチフラワーレメディを使ったメンタルケアサポートに奔走されています。他にも多くの方がこうした活動をされているようですが、今回村上さんからメールやお電話でお話を伺えましたので、ここに共有させていただきます。

震災後、電話が通じると同時に、輸入元の(株)プルナマインターナショナルからレスキューパステル1000パックの提供がありました。レスキューパステルは、その名の通り、事故、災害、緊急時の精神状態を落ち着かせる助けになるフラワーエッセンスのキャンディーです。グミタイプで食べやすいので、お子さんから高齢や病中の方まで、誰が食べても安全で、こうした災害時のメンタルのファーストエイドには、大変役に立つものです。

d0160105_10171328.jpg
それを必要とする方に届きやすいスポットということで、地元では村上さんの教え子の看護師さんや関東のドクターからの紹介で被災地の病院・クリニックを中心に配布先をリストアップ、設置されました。輸送状態も整っていない中様々な人の手を介してとどいた”レスキュー”は、必要な人に安心して使っていただくことができたそうです。

主な配布先は以下の通りで、東西クリニック仙台さんは既にすべて配布を終了されたそうですが、他ではまだ欲しい方にお渡しできるそうです。お問合せください。
・仙台 東西クリニック仙台  022-277-6221
・東松島 石垣クリニック内科循環器科  0225-83-7070
・気仙沼 森田医院  0226-22-6633

被害の大きな町で、これまで代替療法を取り入れていらっしゃらなかった病院、クリニックのドクターに、こうしたときにバッチフラワーを伝えることは、こうしたときだからこそ難しいことだったのでは、と思いますが、とにかく今できること、そして、それが最大の効果をもたらすよう、心を砕いていくと、これまで開かれていなかった道も開くのだと知らされました。

また、今では震災から時が経ちましたが、メンタルの状況も刻々と変化をし、辛い状態に陥っている人も相当数出始めているそうです。それに対応して、これらの病院では今後も必要な人へのバッチフラワーレメディによるサポートを継続していくように準備中です。バッチフラワーレメディは安全で安心な自然療法で、治療や薬との併用や、年齢制限もありませんし、またペットなどの動物にも使用できます。
気仙沼の被災ペットセンターでは、被災した犬たちのケアに使用され、特にレスキューレメディは大変に活用されているとの情報もあります。

村上さんは、バッチ財団登録プラクティショナーであり、講師としても長く活躍され、地元のホリスティック医療ネットワークの構築にも尽力されてこられた経験がおありです。遠く離れたところに住む私たちにもできることはたくさんあるのだと思います。これからも村上さんの活動を応援していきたいと思います。

※バッチフラワーレメディとは・・・
1930年代にイギリスの医師エドワード・バッチ博士によって開発された心や感情の
バランスを取り戻すための自然療法。現在では日本はもちろん、世界の60カ国以上で、
一般の方だけでなく医師や看護師、獣医師などにも使用されている。
(報告:協会運営委員 京ヶ島弥生)
d0160105_10165589.jpg
# by holistic-medicine | 2011-05-27 15:52 | 関西支部
「大地といのち」 関西支部6月フォーラム
d0160105_15443042.jpg





3 月11 日(金) に発生した東日本大地震により、
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被 災された皆様、
そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧復興をお祈り申 し上げます。

今回われわれは、天災である地震と津波、
さらに人災と言われている原発事故という未曾有の事象を経験しました。

実は、これを「地球の病」として捉え、
警告を 発し続けている人たちがいました。

それが「ホ ピの予言」という25 年も前に作られた映画に描かれています。

第一部では、この映画を見て皆でいろいろと考え、
第二部では、ホリ協関西支部からも震災直後に医療チームとして、
ケアサポートとして現地に入ったスタッフを中心に、
「今、何を考えるべきかを話し合ってみる」という企画を立てました。


日時: 平成23 年6 月5 日( 日) 1:30 ~ 2:45( 上映) 3:00 ~ 4:00( 報告討論会)
場所: 関西医科大学( 京阪電車「滝井駅」徒歩2 分) 関西医科大学第一講堂2階
参加費:1,000 円( 一般・会員とも。全額義援金として寄付させていただきます。)
■当日は会場にチャリティー箱を設置いたしますので、ご協力をお願いいたします。


関西支部のフォーラムのページ
# by holistic-medicine | 2011-05-26 23:01 | 南日本支部
アーユルベーダの真髄を探る ・ 健康セミナー(広島事務局)
d0160105_22572871.jpg
本日、日本ホリスティック医学協会広島が主宰する健康セミナーを開催しました。


今回の講師には、南アジアの伝統医療である、アーユルベーダの指導者、カルキ・パラメソールさんにきていただきました。カルキさんは、ホリスティック医学協会の会員でもありますが、ヒマラヤ山脈を抱く国・ネパールのご出身の方でもあります。


20年前に日本の女性(広島出身の看護師さん)とネパールでの医療関係のお仕事で知り合われ、縁あって広島の地に居を構えられました。もともと、カルキさんは、アーユルベーダの指南者を輩出している家系のご出身でした。現在、御兄弟がヒマラヤ山麓の山村で、薬草園やヨガ・呼吸法の指導する道場などを運営されているそうです。


カルキさんによると、アーユルベーダがなぜ5000年間継承されてきたのか、その最大の理由は、「非常にシンプルな真理であった」ことによると言われています。そのシンプルではありながら、哲学的な根本理念をまるで禅問答のような講義の進め方で、やさしく解説していただきました。


現代の日本で普及している、表面的なアーユルベーダーの実践論を展開する前に、基本理念の項目でもある「セルフヒーリング」と「セルフケア」に関する意味の深さを知ることの大切さも話されました。アーユルベーダーは 「いかに自分らしく生きる」ための処方として息づいてきた、とも語られました。


d0160105_2322965.jpg



講義の中間には、休息と眠気解消も含めて、カルキさんの指導で「片鼻呼吸法」の指導もありました。