# by holistic-medicine | 2018-11-09 16:25 | 本部・関東
<報告>シンポジウム2018
2018年11月4日東京で「魂の医療 いのちの本質~時代が魂を語り始めた」と題し、シンポジウムを開催しました。全国から300名以上の方にご参加いただき、おかげさまで今年も盛況に終了することができました。
d0160105_19581788.png


d0160105_19521353.jpg
大ホリスティックを掲げて2年半。「医療とは心を込めて寄り添うことである」と明言する、帯津良一先生(帯津三敬病院)。攻めの養生、貝原益軒の養生訓、粋な生き方、アインシュタインの言葉を、軽快な語り口調でユーモアを交えながら紹介されました。(著書のサイン会も相変わらず大人気でした!)

  • d0160105_11494400.jpg
    ■長堀優先生(育生会横浜病院)のお話は、量子論と東洋哲学、東洋と西洋の統合、患者さんのエピソード、情動とスピリチュアリティ、医療の真の目的など、話題は多岐にわたり、人間の本質的な生き方を示唆してくれました

d0160105_11525602.jpg
■大門正幸先生(中部大学)は、退行催眠で過去世が想起される現象が生じるメカニズムを研究されている立場から、様々な事例を紹介されました。「生まれてきてくれてありがとう」の音楽と映像は圧巻で、会場があたたかく幸せな雰囲気に包まれました。

■萩原 優先生(イーハトーヴクリニック)は、がん患者さんの心のケアをきっかけに催眠療法を極めていかれたドクターです。講演では、意識のしくみから魂(本質の私)の存在をひも解き、「源泉にゆだねて生きる」という大きな視点を与えてくださいました。

■木村まさ子さん(言霊研究家)の講演では、自身の体験から得た気づきとして「自分を慈しみ、褒めること」の大切さが語られました。自分に褒めることばをたくさんかけてあげると自然と心が穏やかになり自分を愛せるようになる。その言霊が大きな生きる力になると言います。


会場は終始穏やかなムードで、アンケートにも有難いご感想がたくさん寄せられております。
(アンケートより抜粋)
・医療の枠を飛び越えたお話とても心に響きました。
・生きるのが楽になってくるお話でした。
・がん末期の患者さんと関わる機会がとても多いため勉強になりました。
・この領域において本質的な議論がなされてくることが、とても重要だと思います。
・このよう医療が展開されていく時代になる事を心から望みます。
・到底自分だけでは知り得ない情報が盛りだくさんで、とても勉強になりましたありがとうございました。
・一人ひとりの先生方のお話しはとても良かったです。
・こういう意識が西洋医学の世界に広まって、日々一般の方の生活にも身近になっていけるといいなと思いました。どのように広げていけるかが大きな課題になると思います。期待しています。
・従来の医療に留まらないシンポジウムでとても良い試みだと思いました。


全国からご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
来年(2019年)のシンポジウムは、11月10日(日)に開催する予定です。皆様どうぞご期待ください!

# by holistic-medicine | 2018-10-26 20:37 | 南日本支部
【予告】福岡フォーラム11/18「病気はメッセージ~治る力が目覚める生き方」

病気はメッセージ「治る力」が目覚める生き方 

d0160105_23380523.jpg

 国民の半数が生涯のうち一度はがんに罹るといわれていますが、病気は降って湧いた災難ではありません。 発病したのは病気にならない力(治癒力)の発現を生き方の中で抑制したからにほかなりません。
 まず、これまでの生き方を見つめ直し、間違っていたところを訂正する。そうすれば本来の免疫機構が働き、病気の抑止力が復活し、がんや様々な病気は発症しにくくなります。
 がんは忌むもの治すものと思いがちですが、実は本来のあなたの生き方に気がつけという「呼びかけ」です。その呼びかけに応える=本来の自分に還ることが「病気の克服」につながるのです。
 私自身もがんを体験しましたが、病気は生き方を転換するチャンスです。
本来の自分に還る「リボーン」する生き方と 、がん予防のための生活習慣5カ条「睡眠」「食事」「運動」「加温」「笑い」について、詳しくお話しさせていただきます。

【講師】船戸 崇史(ふなとたかし)
船戸クリニック院長・岐阜養老郡医師会会長。日本ホリスティック医学協会理事。
1959年生まれ。愛知医科大学医学部卒業後、岐阜大学第1外科入局。ブラックジャックに憧れて消化器外科を専攻。その後、がんと出会い、がんと共に生きる生き様、死に様に関心を持つ。「最期は家で」というささやかな願いを実現するために1994年開業。それ以後も在宅医療体制を整備拡充。一方、「より元気に」「より美しく」「よりあなたらしく」を目指した統合医療センターを4年前に開設し現在に至る。さらに今年1月、岐阜県関市に全人的医療をめざす滞在型リトリート施設「リボーン洞戸」を開業。著書『奇跡の医療上下』(よろず医療会ラダック基金)他。 


 講師の船戸崇史先生は、ご自身もがんを体験され、大変視野の広い医療観を持っていらっしゃる統合医療ドクターです。今年、テレビ東京の番組『主治医が見つかる診療所』にも出演されましたが、飾らない気さくなお人柄に多くの人が魅了されました。
 11/18(日)博多でお話いただける貴重な機会となりますので、大切なご家族やご友人にもお声を掛けていただき皆さまお誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。心よりお待ちしています。

**********************************************
参加費は、事前にお振込みをお願いします。

■日時 2018年 11月 18日(日)13:30~16:00 

■会場カンファレンスASC 3F-A (定員50名)
 福岡市博多区博多駅東1-16-25アスクビル(博多駅・筑紫口徒歩3分)


■参加費 3,000円 (日本ホリステック医学協会会員 2,000円)

■申込み方法はこちら
http://www.holistic-medicine.or.jp/seminar/s_southjapan/entry7053.php

■主催:NPO法人日本ホリスティック医学協会

# by holistic-medicine | 2018-09-28 11:09 | 中部支部
[報告]中部シンポ2018「生き方革命~母なる地球に生きる」
d0160105_11003806.jpg
d0160105_11001415.jpg
2018.9.24 愛知県 一宮駅 iビルにおいて中部ホリスティック医学シンポジウム
「生き方革命~母なる地球に生きる」
を開催いたしました。
今回は農業と福祉に取り組むNPO法人アースアズマザーとの合同大会ということで、第一部の映画『おだやかな革命』
を上映後に、休憩中を利用して無農薬野菜の食べ比べを行いました。
d0160105_11041800.jpg
リレーセッション
「氣力作物と自立支援」⇒村野政章氏
「食と健康」⇒高橋信雄先生
「和語、いのち」⇒まどかアッセマ庸代先生
「リボーン(Reborn)、病を克服する生き方」
⇒船戸崇史先生
d0160105_11063447.jpg
参加者は想定よりも少なかったのですが、交流会はなぜか大人数でした。
d0160105_11080845.jpg
テーマ「生き方革命」に賛同いただいた上での交流会ですので、これも重要かと思いました。


# by holistic-medicine | 2018-08-13 10:30 | 中部支部
[予告]中部シンポ「生き方革命~母なる地球に生きる」
中部シンポジウム2018「生き方革命~母なる地球に生きる」


☆映画『おだやかな革命』上映会(12:30~14:10)
 しなやかに生きるために・・・それは、もう始まっている。
 今、各地で始まっている「暮らしの選択」。
 懐かしくも新しい時代が見えてきた・・・。
 成長・拡大を求め続けてきた現代社会が見失った
 これからの時代の「豊かさ」を静かに問いかける物語。

☆リレーセッション(14:10~15:50)
「氣力作物と自立支援」
 NPO法人アースアズマザー副理事長 村野政章
「食と健康」
 高橋ファミリークリニック院長・中部支部長 高橋信雄
「和語、いのち」
 南山大学人文学部心理人間学科准教授 まどかアッセマ庸代
「リボーン(Reborn)、病を克服する生き方」
 岐阜県養老郡医師会会長・船戸クリニック院長 船戸崇史

☆パネルディスカッション(15:50~16:30)
「人と地域の元気をめざして」
 パネラーはリレーセッション演者ほか以下の方々
 進行:長谷部茂人(一宮市神山連区地域づくり協議会副会長)
 山本百百代(心の学校 講師・NPO法人アースアズマザー理事長)
 花谷まさゆき(一宮市議会議員)

総合司会:木村健太(チーム木村けんた代表)
※14:30~14:50 休憩時間に安心野菜の食べ比べを行います

●と き:2018年 9月24日(月・祝)12:30~16:30
●ところ:JR尾張一宮駅/名鉄一宮駅構内 iビル7階シビックホール
     一宮市栄3丁目1番2号 TEL0586-28-9153
●会 費:前売り一般2,800円 会員2,000円(当日券は空き席がある場合のみ販売)
      
*詳細・参加申込みは  http://holistic-chubu.org/event/
 
☆☆☆~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
NPO法人日本ホリスティック医学協会中部支部
一宮市平和1-2-13 担当(長谷部)
TEL:0586-46-1273  FAX:0586-46-0367
http://holistic-chubu.org/
E-mail(代表)contact@holistic-chubu.org

# by holistic-medicine | 2018-04-21 10:44 | 北日本支部
仙台事務局セミナー『更年期から若返る、女性ホルモンの秘密』

ホリスティックを意識しているセラピストや健康に関心のある人たちと、もっと
繋がっていくきっかけ作りとして運営委員や地域で活躍されている皆さんを講師に
迎えて行っていこうという試みの仙台事務局セミナー、第一回目を4月14日開催しました。

テーマは『更年期から若返る、女性ホルモンの秘密』

第1部は、ホリスティック医学協会の副会長、朴澤耳鼻咽喉科の朴澤院長より
各々のホルモンの働きについてお話いただきました。
d0160105_10200028.jpg
女性ホルモンは、一生でたったティースプーン一杯分程しか分泌されないの
だそうですが、身体や生活面に大きな影響を与えます。

また、『アドレナルファテーグ』のお話が ありましたが、腎臓の上にある副腎
という臓器が疲弊すると必要なホルモンが分泌されなくなり ストレス耐性が下が
ってうつ症状やだるさ、慢性的な疲れ、 集中力がない、めまい、立ちくらみなど
様々な症状が出てくるそうです。

朴澤先生の患者さんのなかにも精神科でうつ病と診断されて複数の投薬で改善
しなかった40代の女性が、血液検査や唾液検査で アドレナルファテーグとの
診断結果を受けて高濃度ビタミンCや回復に必要な睡眠を取れる対処法などを
指示に よって行ったところ3ヶ月ほどで劇的に良くなった例もあるとの事。

抗うつ剤や睡眠薬だけでは どうなっていたか…

更年期にも各種ホルモンは大きく関わっていることなどわかりやすく
学ぶことが出来ました。

2部の啓子先生のセミナーでも生理の仕組みや更年期、ホルモンバランスが
崩れるとどんなことが起きるのか、日頃どんなことを気をつけて生活すると
良いか、ワークも交えて楽しく学ぶことが できました。

ご参加の皆さんが積極的に参加して くださって、とても良い雰囲気の
なかで学ぶことが出来ました。
ありがとうございました。

第二回目は5月26日
『オーラのダイナミズム〜生命場のエネルギーを体験する ワークショップ』が
開催されます。東北大教授でレイキ師範の市江先生、ビジョナリーアーティスト、
カラーセラピストの深瀬先生によるエネルギーを通常の皮膚感覚で感じる ワーク、
参加者の方にモデルになって いただいてオーラをスケッチして解説、
シェアタイムや講師とのトークなどスピリチュアルでありながら
科学的な内容のセミナーになるかと思います。

セミナー情報はこちらから