ホリスティック通信

好きなリンク先を入れてください

「今こそ考えよう」日本におけるホリステイックな統合医療の現状と今後の未来について


「今こそ考えよう」日本におけるホリステイックな統合医療の現状と今後の未来について_d0160105_19091786.jpg

第136回 ホリスティックフォーラム を
令和2年6月28日(日) 13時30分~Zoomによる
リモート講座を開催いたします。

講師 : 森嶌 淳友 (ラ・ヴィータ統合医療クリニック 院長)
 
本物のホリスティックな医療とは?常にこれを追い求め続けていました。そこには、主観的ではなく客観的な指標が必要です。客観的な指標として当院で行なっているのがドイツ振動医学バイオレゾナンスです。そしてそれを中心とした統合医療を実践し様々な病気が改善してきております。
 
はじめに、そもそも人間とは何か?その部分をまとめたホリスティック人間学についても話させていただきます。次に、当院で実践しているホリスティックな統合医療の話。そして、最後にホリスティックな統合医療が目指すべき未来の話をさせていただきます。
 

「zoom参加」と「後日視聴」のどちらかお選びいただけます。どちらも事前申込みのみとなっています。
zoom参加を申し込んでいただいた、参加できなかった場合は後日視聴となりますので、安心してお申し込みください。


プロフィール 森嶌 淳友 (もりしま あつとも)

■1979年、奈良県生まれ。2003年、奈良県立医科大学卒業。大学時代に西洋医学だけの講義に疑問を抱き統合医療の道を模索する。大学卒業後、西洋医学の技術を短期間で習得すべく、京都大学医学部附属病院心臓血管外科に入局。救急、外科、循環器内科、呼吸器科などを経て、2005年京都大学医学部附属病院、2006年、近畿大学医学部奈良病院心臓血管外科にて修練をつむ。2011年、西洋医学の限界、統合医療の必要性を感じ、統合医療の実践を行うため、守口秋桜会クリニックの院長に就任。2014年、医療法人ふじいやさか(ラ・ヴィータメディカルクリニック)開設。バイオレゾナンスを中心にした治療開始。2018年、北浜に移転し、ラ・ヴィータ統合医療クリニックとしてリニューアルする。

■日本外科学会専門医、下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医&指導医、高濃度ビタミンC点滴療法認定医、酸化療法医学会認定医、ユニバーサルヒーラー、プライマリーウォーキング指導者協会指導員。

■日本ホロス統合医療機能代表理事。パウルシュミット式バイオレゾナンスアカデミー主宰


詳しくはHPをご覧ください。
https://www.holistic-kansai.com/mf.html

by holistic-medicine | 2020-05-22 19:14 | 関西支部