by holistic-medicine | 2013-04-07 09:49 | 南日本支部
インドの食養生の考え方・アーユルベータの教えから
広島事務局主宰・6月健康セミナーの案内

6月6日には、昨今経済成長著しい「インド」の健康観や幸福感などの背景にあるものの一つである、
「食養生」についてのお話である。

講師には、日本の大学院にて海洋学の修士を取得後、環境コンサルタントの仕事を経て、
現在広島市内にて、ご出身地である「南インド」に伝わる、伝統的健康食を提供するインド料理店を
経営している、ラーダ・クリシュナン講師である。

広島事務局では、以前にもヒマラヤ山麓で、薬草栽培なども手掛けているネパール人アーユルベーダ指導師カルキ・パラメソール講師を招いての健康セミナーも開催している。
代替療法としての「インドの食養生」の表面だけを学ぶのではなく、アーユルベーダーという5000年を超えた「生き方の智恵術」といった考え方に触れてほしいと思う。

同じ地球上に生を営んでいる別の国の方々の「健康観」「幸福感」を知ることは、ひいては私たち日本人の「健康観」「幸福感」の見直し作業へのきっかけになり得るのではないだろうか。
d0160105_948227.jpg

<< ホリスティック医学概論セミナー... 広島事務局・4月健康セミナー報告 >>