by holistic-medicine | 2012-03-31 08:30 | 南日本支部
ドイツ代替療法視察報告(健康セミナー)
3月30日(金)に、広島事務局主催の「健康セミナー」が開催しました。
この開催に関しましては、事前告知メール送信時に不手際がありましたことを、改めてお詫び申し上げます。

セミナ-のタイトルは、「ドイツ代替療法視察報告」でした。 参加者はスタッフ含め23名。

ドイツでの3つの代替療法について、昨年講師が視察してきた内容をスライドとともに
報告いたしました。

(1) 気候性地形療法
(2) クナイプ療法
(3) 温泉療法

(1) 気候性地形療法は、ドイツ南部の山岳景観の広がる町・
    ガルミッシュパルテンキルフェンでの気候療法士(クライマセラピスト)
    同行指導によるプログラム実施の様子。

(2) クナイプ療法については、クナイプ療法発祥の地といわれる
    バードヴェーリスフォーフェンという町のセバスティウム
    (滞在型保養施術施設)の様子と運動療法である森での
    散策風景など。

(3) 温泉療法については、シュバルツバルト(黒い森)に隣接する温泉保養地として有名な
   バーデンバーデンでの温泉療法施設と、シュバルツバルトでの運動療法としての森での散策風景など。

報告者:広島事務局長 清水

d0160105_8263066.jpg

<< 4/22映画「ホピの予言」上映... 【広報・制作チーム】 協会業務... >>