by holistic-medicine | 2011-07-04 02:05 | 関西支部
第106回 ホリスティックフォーラム大阪 2011.7.31
d0160105_2855100.jpg






講師:織田聡 (医師・薬剤師)

 最近、日本でも統合医療というキーワードをよく耳にする様になりました。
昨年度には厚労省が統合医療プロジェクトチームを立ち上げ、
日本の医療に統合医療をどのように導入するか検討に入りました。

しかし、統合医療とはいったい何なのかコンセンサスが得られず、
誤解と混乱の中で推し進められています。

 今回の講演では、海外の統合医療と日本の実状を紹介しながら、
統合医療の理念と問題点を明らかにし、
私たちJPIMAA(日本アリゾナ大学統合医療プログラム修了医師の会)が
考える統合医療の在り方についてご紹介いたします。


講師:プロフィール 織田 聡(おだ さとし)

JPIMAA(日本アリゾナ大学統合医療プログラム終了医師の会)連絡係
父の闘病生活を家族で支えるなかで幼年時代より補完代替医療に親しんできた。

補完代替医療のもつ可能性を認めつつ問題点を明らかにし、
西洋医学と補完代替医療をどのように統合すべきかを提唱している。


【会場・日時】


日時: 平成23年7月31日 1:30~4:00(講演) 4:00~4:30(懇談会)
場所:関西医科大学(京阪電車「滝井駅」徒歩2分) 関西医科大学第一講堂2階
参加費:会員 2,000円/学生会員 1,000円/一般 2,500円/一般学生 2,000円
■懇談会は無料です。奮ってご参加ください。
■生活習慣病予防指導士の方は、認定単位が2単位が交付されます。

詳細はホームページ

NPO法人 日本ホリスティック医学協会 関西支部事務局

〒570-0075 大阪府守口市紅屋町7-10-502
TEL / FAX. 06-6993-7501
<< 自然治癒力の源泉とは?本願と悲... 2011ホリスティック医学シン... >>