by holistic-medicine | 2011-05-16 11:15 | 中部支部
フォーラム「見えざる生命の力」2011/5/15名古屋 報告
d0160105_11182651.jpg2011年5月15日
会場 伏見ライフプラザ
名古屋市中区栄1-23-13

講演と実技指導
樋田 和彦
(医療法人ヒダ耳鼻咽喉科理事長・医学博士。日本ホリスティック医学協会顧問。日本プライマリーケア学会会員。日本生命倫理学会会員。IMUNET副代表。)


いったい何がその人を健康や病気にしているのか?
「わたしが生きている」根源を探る。
診療にみる筋反射キネシオロジー、高麗手指鍼ほか、
意識と病状の関係について講義と実技指導をいただきました。

d0160105_111909.jpg
樋田先生はご自身の医療感にはじまり、実際の事例報告とそれに対応した方法を個人セッションも行うという非常に理解しやすい内容でした。
特にキネシオロジーの技術を発展させた“人形”療法?は笑いと驚きで会場が沸きました。




d0160105_11191748.jpg
終了後は恒例によって食事交流会を行い、その2次会では先生の歌も披露いただきました。
<< アーユルベーダの真髄を探る ・... フォーラム「統合医療的ガン治療... >>