# by holistic-medicine | 2015-11-25 10:43 | 本部・関東
[報告」 シンポジウム2015(東京)
d0160105_10434330.jpg
 去る2015年11月15日、全電通労働会館(東京都千代田区)において、「平成医療維新 ~セルフケアの時代へ 『ホリスティック医学塾』開塾!~」と題して、2015年のホリスティック医学シンポジウムが開催されました。登壇者、ブース出展者、聴講者合わせて総勢300名程度の参加があり、会場は賑わいました。


 午前中の講演では、帯津良一先生が、ホリスティック医学に携わってきた34年間の中で気づいたことを紹介。人間の尊厳について問いかけ、今後の同医学への期待を語りました。
 午後の最初の講演者は当シンポジウムの実行委員長でもある川嶋朗先生。医療の現実問題を解説したうえで、高齢社会における統合医療やホリスティック医療の必要性を訴えました。
 岐阜県で在宅医療を支援している船戸崇史先生は、21年間、800名を超える命の看取りから学んだことを共有しました。宮城県で統合医療を提案する医師・朴澤孝治先生は、西洋医学の限界を感じた経験と、ホリスティック医療の実践例について語りました。
 セラピストの川畑のぶこさんは、病気を克服し健康を取り戻す過程における心理・社会面の重要さについて話しました。
最後の登壇者は、寺山心一翁さん。さまざまなホリスティックな癒しを試み、がんを治癒させて経験を持つ寺山さんは、「意識が徐々に変わり」自然治癒していった経験を振り返りました。



d0160105_10345243.jpg

 講演後のパネルディスカッションでは、当協会の新会長に就任された降矢英成先生による進行で、川嶋先生、船戸先生、朴澤先生、川畑さん、寺山さんがホリスティック医療について熱く語りました。また、「ホリスティックヘルス塾」にかける想いを述べました。


 川嶋先生は、「大半の人は、科学や医師に依存している。いかに患者さんに主体性をもってもらえるかを考えている。『かかる側に主体性をもたせて医者に失業させる』くらいの気構えが必要」と総括しました。


 全編通しての総合司会は、久保田泉さん(当協会運営委員)が務め、登壇者と聴講者をつなぎました。





# by holistic-medicine | 2015-11-01 20:45 | 北日本支部
【報告】 いのちを育む・のちの源『呼吸』
d0160105_2034922.jpg

10月24日(土)仙台事務局主催
いのちを育む・命の源 「呼吸」 セミナー報告
講師 朴澤孝治、加藤俊朗
参加者 104名
会場 仙台市医師会館2Fホール

秋晴れの好天に恵まれた土曜日、
13時半にスタートしたセミナーは、2部構成で行われました。

【第1部 呼吸を知ろう】

まず第1部は、朴澤孝治先生の「呼吸を知ろう」というテーマで、
鼻の役割鼻呼吸と口呼吸との違い、口呼吸での弊害など、
腹式呼吸と、胸式呼吸の違いを専門医として、
一般の方にも分かりやすい説明がありました。
当然の営みとして、普段は注目することのあまりない呼吸を、
体の機能から見ることで、
改めて命の源として見直すことができました。

また病気の成り立ちを、今出ている症状だけに対応する、
現在の医療の流れの例と、その原因を探っていく考え方を、
「ドミノたおし」のたとえの中での対比を説明されました。
また、薬にだけ頼る危うさについてのお話もありました。

ホリスティツクな医療のアプローチを、
どなたにもわかりやすい言葉でお話しされ、
健康で元気に最後まで生きるためのヒントもたくさんいただきました。

また呼吸を自律神経、脳内ホルモンとの関係の説明もあり、
全体から健康を見る目線が伝わってきました。

特に呼吸をした時にどのように体が動くか、
どの筋肉が使われるかの説明は2部の体験の時に
実際の自分の動きから体感する、良い導入となりました。

d0160105_20351878.jpg

【第2部 Katoメソッド】

そして第2部、加藤俊朗先生の呼吸セミナーの開始です。
加藤先生の話は、「息は 息る いきる」、
そして「呼吸は簡単で簡単じゃないんだ」、
という話から始まりました。
「生き抜く力がないと息を吐けない」。
加藤先生の呼吸を通した生き方のお話は興味深く、
私たちにエールを送られたようでした。
加藤メソッドの根本は「魂」なんだというメッセージでした。

d0160105_20373679.jpg

「今の時代のお薦め、自分を信じる力、呼吸で腹を決める」、
「呼吸は潜在意識に働きかけるツール」など、
呼吸を通した自分との向き合い方が、
私たちの生きる力になるような、まさにホリスティツクなお話しでした。

その後に参加者全員で呼吸のレッスンをしました。
それによって、参加者の方はそれぞれに感じたものを
持ち帰られたのではないかと思います。

1部で、呼吸の機能や筋肉の説明などがあったことで、
自分の肉体を使った感覚をより理解する機会となったと思われます。
多くの方が満足された会になりました。

d0160105_20354470.jpg

# by holistic-medicine | 2015-10-28 19:41 | 本部・関東
シンポジウム2015 「平成医療維新」
d0160105_1933548.jpg


ホリスティック医学シンポジウム2015 (東京)
2015年 11月15日(日) 11:00~17:00
全電通労働会館(東京都千代田区神田駿河台3-6)

【前売券】 11/5(木)まで
一般 4,000円 / 会員 3,000円(後援団体会員含む)
ペア券(2名1組)7,000円      



-------------------プログラム----------------------------

1. 「気づく、わかる、守る 〜人間の尊厳について」
  帯津 良一 (帯津三敬病院名誉院長)

2. 「なぜ今、ホリスティック医学(統合医療)なのか?」
  川嶋 朗 (東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学科教授)

3. 「在宅末期医療から見えてきた未来型医療」
  船戸 崇史(船戸クリニック院長)

4. 「東日本大震災後の東北から吹く統合医療の風」
  朴澤 孝治(朴澤耳鼻咽喉科、統合メディカルケアセンター
  Tree of Life院長)

5. 「心と病気の関係 〜心の治癒力を引き出す」
  川畑 のぶこ(NPO法人サイモントン療法協会副理事長)

6. 「意識の変容が自然治癒の鍵」
  寺山 心一翁(有限会社寺山心一翁オフィス代表)

7.  「セルフケアの時代へ」 パネルディスカッション

----------------------------------------------------------------------

▼お申し込み方法・詳細はこちら
http://www.holistic-medicine.or.jp/s…/s_office/entry2438.php

# by holistic-medicine | 2015-10-26 09:52 | 中部支部
[報告]ニューロセラピーへ
心身医学からホリスティック医学へ、そしてニューロセラピーへ

於:ウィルあいちセミナールーム1・2
講師:竹内聡(たけうち心療内科院長)

まず一言。どなたにも興味深いセミナーだと感じました。
身体がDNAに支配されているといわれて久しいが、心身の座である「脳」は獲得領域に長けている。身体の異常は脳の異常でもある。
そこで脳波の高度スペクトラム分析を行い、適正な値にまで機械的に修正フィードバックをかけることで気づかない間に脳波が期待値(正常値)に近づくようになる。ある患者さんの例では約半年後には、ほぼ投薬治療なしで症状をコントロールできるようになった。

日本ではまだ数人しか行っていない治療(トレーニング)だということでした。

・・・実際にデモ体験会を行っていただきました。希望者が多く、時間が足りない結果となりました。

d0160105_9483997.jpg
d0160105_9493221.jpg
d0160105_9501620.jpg
d0160105_9512952.jpg

# by holistic-medicine | 2015-10-08 21:38 | 南日本支部
広島事務局主催・健康セミナー報告
d0160105_21382180.jpg
楽しむ学ぶアーユルベーダ―の知恵
三回シリーズ・第二回目開催

アーユルヴェーダ(生命の科学)は5千年前から続く健康法。
第二回 : 『呼吸法で活力&集中力アップ』  

アーユルベーダ―の基本的3つの呼吸法を実技編として学んだ。

下記は、講師のカルキさんからのメッセージである。
d0160105_21375948.jpg


体と心の健康的な状態を維持することがアーユルヴェーダの目的です。アーユルヴェーダではそれぞれの体質に合った考えと知恵を学ぶことができます。長年試されてきた、自然に基づく知恵を生活に取り入れ、自分で心と体の健康を守ることができます。実践型の三回シリーズでセルフマッサージ、呼吸法、セルフヒーリング法を学べます。

第一回 : 『簡単セルフマッサージで心と体の活性化』 
2015年9月 25日(金)
第二回 : 『呼吸法で活力&集中力アップ』   
2015年10月 08日(木)
第三回 ; 『おうちでできる風邪予防』 
2015年11月 13日(金)