# by holistic-medicine | 2011-03-18 08:34 | 中部支部
震災による安否確認等のサービス一覧
東北地方太平洋沖地震により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
ご家族や知人などで東北地方にお住まいで、安否が確認できない方もおられると思います。以下のURLが利用できますので参考にしてください。

●通信各社の伝言ページ
NTT東日本災害用伝言ダイヤル「171」
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/index.html
NTT東日本災害用ブロードバンド伝言板「web171」
https://www.web171.jp/top.php
NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス
http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi
ソフトバンクモバイルの災害伝言板
http://dengon.softbank.ne.jp/
KDDIの災害用伝言板サービス
http://dengon.ezweb.ne.jp/
イー・モバイルの災害用伝言板
http://dengon.emnet.ne.jp/
ウィルコムの災害用伝言板
http://dengon.willcom-inc.com/dengon/Top.do


●安否確認
google 消息情報
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja
赤十字 安否情報確認サイト
http://www.familylinks.icrc.org/wfl/wfl_jap.nsf/docindex/locate_jap?opendocument
MemoLi 現在位置表示機能
http://memoli.jp/pc/jinfo/

●総合災害情報
SAVE JAPAN! エリア別救済支援情報サイト 
http://savejapan.simone-inc.com/
google 災害情報総合ページ
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html
ウェザーニューズ 東日本大震災特設サイト
http://weathernews.jp/tohoku_quake2011/
ユーザーローカル 停電エリア検索システム
http://machi.userlocal.jp/teiden/
# by holistic-medicine | 2011-03-12 14:21 | 中部支部
フォーラム「お産と赤ちゃん」2011-2-24報告
d0160105_135623.jpg2011年2月24日 会場 伏見ライフプラザ
名古屋市中区栄1-23-13

講師 岐阜県助産師会会長 木澤光子先生
講演タイトル 「お産と赤ちゃん-4千人のすばらしい赤ちゃんたち」

「出産は生理現象である」という話から、健全なお産とは何か?を学びました。産院、助産師、妊婦さん、家族の方など、あらゆる観点から種々の問題や子どもの将来のためを考えさせられました。今回は質疑応答にたくさん時間がかかりました。講義や質問内容としては、
d0160105_14192272.jpg
・本来動物としてのヒトは自然分娩
・会陰切開は必要ない
・流産しないために
・赤ちゃんの体脂はいつとれる?
・逆子もなおる祈りの効用
・胎内記憶はあるのか?
・産後、母乳を確実に出るようにするために
など。

講演の内容がDVDビデオになっています。(上のyoutubeはサンプル版です)
ビデオ編集局(石井様)から制作予定。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~bcfys103/
*予価は5千円だそうです。メールで「ホリスティック医学協会のホームページを見た」と書いていただければ値引きしてくれるそうです。
# by holistic-medicine | 2011-02-10 17:37 | 本部・関東
ホリスティック マガジン2011 新刊のご案内
d0160105_1741315.jpg
ホリスティックヘルス&医学の情報誌
HOLISTIC MAGAZINE 2011
協会年度誌 ホリスティック マガジン

2011年2月15日 発行 (88頁)
特集 
脳の健康を考える






CONTENTS

◆ 脳は存在そのものがホリスティック
   ~生き方が脳をつくる..........(株)脳の学校 代表 加藤俊徳 博士インタビュー
◆ 脳とこころの関係
   ~認知症の真実......................加藤伸司(東北福祉大学総合福祉学部 教授)
◆ 脳とコミュニケーション
   ~コーマワークに学ぶ昏睡状態や認知症との対話.......岸原千雅子(臨床心理士)
◆ 脳が活性化する
   (1)アロマセラピー  (2)クリニカルアート~臨床美術
◆ 脳と腸
   ~腸が第二の脳と呼ばれるわけ........上野川修一(日本大学生物資源科学部教授)
◆ こころは遺伝子を超える
   ~脳とサムシンググレート..................村上和雄(筑波大学名誉教授)
◆ 生命の持つ荘厳性について................山本 忍(神之木クリニック院長)
◆ ホリスティック医療利用者調査~報告~
◆ HOLISTIC DATA
   ~全国の病院・医院・治療院・健康施設 127件



ホリスティックマガジンのバックナンバーはこちらをご覧下さい。
HOLISTIC MAGAZINE 
# by holistic-medicine | 2011-01-31 12:25 | 南日本支部
DVD発売中! 医療現場におけるカラーキューブセラピー
2010年9月23日に開催いたしました、「第105回 福岡フォーラム」のDVDが出来ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【タイトル】  「医療現場におけるカラーキューブセラピーの可能性」 
      
~心の奥にかくされた言葉をひきだすために
 


【内 容 】  カラーキューブセラピーとは、10色の色とりどりのキューブを積み木遊びの感覚
         で積み重ね、セラピストとともに対話をしていく新しいカウンセリング技法です。
         現在、医療現場におけるメンタルケアの必要性がとても高まっています。

         心の問題は、医師・看護師・患者・家族ともに共通して抱えている問題です。
         日本カラーキューブセラピー協会では、カラーキューブセラピーの医療現場への
         導入を積極的に実施しており、病院スタッフへのメンタルケアにおけるセラピー
         効果の実証をはじめとし、認知症の方が幸せな記憶を思い出すなど、
         スタッフ側の想像を超えたデリケートな部分が明るみになるなど、
         多くのセラピー効果が現れています。

         老若男女問わず、安全性の高いカラーキューブセラピーの医療現場への
         今後の可能性と有用性について考えていきたいと思います。 
         (DVD Total 約2時間半)


【 講 師 】  立川智子   日本カラーキューブセラピー代表

【 価 格 】  当協会会員 2,500円   一般 3,500円  (送料は実費となります)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【DVDのお申込み方法】

タイトル、数量、金額、住所、氏名、電話番号を明記のうえ
福岡事務局までFAXにてお申込みください。

NPO法人 日本ホリスティック医学協会 福岡事務局
TEL&FAX 092-873-5100
(〒814-0153  福岡市城南区樋井川2-26-6-202)
# by holistic-medicine | 2011-01-30 08:19 | 南日本支部
心を癒す花の療法(健康フォーラム開催)
d0160105_874244.jpg


1月29日(土)広島事務局主催の「健康フォーラム」が開催された。

講師には、ホリスティック医学協会の常任理事でもあり、バッチフラワーの日本での第一人者でもある、林サオダ先生をお迎えした。

林先生からは、バッチフラワーの歴史や処方の仕方、ならびに、処方前のカウンセリングの大切さなどを優しく、解りやすく、解説いただいた。

質疑応答も含めると2時間半という時間であったが、密度が濃く、将来への展望の示唆にも富んだ内容となった。

参加者の多くは、会員ではなく、一般からの方であったが、非常に熱心に先生のお話に耳を傾けておられた。質疑応答でも、具体事例などについての活発な応答があった。

現在、広島事務局では、二か月に一回の割合にて、健康フォーラムやセミナーを開催している。
次回は、3月25日に「世界のホリスティック的ライフ」と題して、ヒマラヤの国ブータンの最新事情を紹介する内容である。

昨年から、欧州や日本でも、「幸福度指数」という言葉が注目されてきている。GNPやGDPなどの、経済指標では、人間の幸福度が深く掘り下げることが限界にきているといわれている。イギリスやフランスのリーダー達も、本年には「幸福度指標」を数値化して国民にアンケートを取り始めるという。

ヒマラヤの国・ブータンでは、前国王の時代から、「国民総幸福量」という指数を基軸とした、国家プログラムを推進している。現在国民の8割以上の人が、「現在の生活を幸せ」と感じているという。方や、我が国日本では、その数値は国民のわずか2割にも満たないという。

ブータンにも伝統的な医療哲学に基づいた健康観や死生観などが、仏教を基軸として人々の生活の中に浸透している。そんなブータンのホリスティック的ライフの背景を紹介できればと思っている。