# by holistic-medicine | 2017-05-08 15:49 | 関西支部
日本ホリスティック医学協会30周年記念シンポジウム in 京都 チケット販売開始
d0160105_15485160.jpg

# by holistic-medicine | 2017-05-03 18:38 | 北日本支部
予告【仙台6/3】ひとを癒すホリスティック医学(帯津 良一、おのころ心平、遠藤園子)

d0160105_18372803.png


6月3日(土)仙台
ひとを癒すホリスティック医学
見えないものを診るちから


医学は本来、自然の持つ力を用い人に備わった力を生かす、「癒し」に原点がありました。
近代文明とともに目覚ましい発達を遂げた西洋医学は、ともすると疾病の治しに偏り、人そのものを癒す 医学の本質を見失っている様に見えます。
西洋医学や様々な治療法、セラピーの統合を超えた先に、「ひとを癒すホリスティック医学」があります。
協会設立30周年のいま、ようやく見えてきた世界を、各領域の第一人者が熱く語り、そして伝えます。


1. 大ホリスティック医学時代を生き抜く
 帯津 良一(帯津三敬病院名誉院長/当協会名誉会長)

2. 癒しと治癒を促進する音の力
 遠藤 園子(クリスタルボウル演奏家/音響療法セラピスト)

3. エネルギー療法と癒し
 おのころ 心平(統合医療家/自然治癒力学校 理事長)


■日 時:2017年 6月 3日(土) 13:00~17:20

■参加費: 一般:3,500円/会員:2,500円 (税込/前売)
      定員180名

■会 場:東北福祉大学仙台駅東口キャンパス 63教室

■主 催:NPO 法人日本ホリスティック医学協会 仙台事務局

▼詳細・申込み方法はこちら
http://www.holistic-medicine.or.jp/seminar/s_northjapan/entry5182.php

皆さまのご参加を心よりお待ちしております!


# by holistic-medicine | 2017-05-01 15:52 | 中部支部
[報告]脳の働きを活発にして認知症を予防しよう
~脳の神経細胞は柔軟でいつでも若返ることが出来る~ 2017.4.30 於:ウィルあいち(名古屋市)

今回は名古屋市立大学の元学長、名古屋市立大学病院元院長も務められた西野仁雄先生の講義でした。

とても分かりやすいお話で、かつ、中身の濃い、しかも十分に予防が可能な領域をはっきりさせて教えていただきました。
・40代にはすでにアミロイドβはどなたも溜まっている。全員予備軍と考えてほしい。
・認知症は運動が重要。毎日歩く習慣をつけるだけですでに認知症になった人でも、改善する例が多い。徘徊もやみくもに止めればよいというものではない。
・よく笑う、人とおしゃべりをする、手を動かす。
・感動が大切。何事にも関心をもち「ありがとう」「きれい」「すてき」の心を忘れない。
・認知症は神様からのプレゼント。くよくよしなくていい。

d0160105_15513973.jpg
d0160105_15515196.jpg
d0160105_1552335.jpg
d0160105_15521656.jpg
d0160105_15522636.jpg
d0160105_15523685.jpg

# by holistic-medicine | 2017-03-18 17:45 | 関西支部
日本ホリスティック医学協会30周年記念シンポジウム
本年秋9月、ロームシアター京都で開催する、
日本ホリスティック医学協会30周年記念シンポジウムの演者が、
すべて決定しまくました。
詳細も順次アップしていきます。
9月24日(日)是非ご予定を開けておいてください。

d0160105_17450517.jpg



# by holistic-medicine | 2017-02-27 22:24 | 南日本支部
【予告】がんを生きる ~ホリスティック患者学~(4/2福岡)

※「ホリスティックヘル塾のテキストでも紹介されている
「がんを生きる12か条」のお話がじっくり聞ける講座です。


2017年4月2日(日)福岡フォーラム

現在、多くの人にとって、がんは恐ろしい病、憎い敵であると思われています。
しかし、がんから生還したサバイバーの中には、「がんになってよかった」とおっしゃる方も多くおられます。ホリスティック医学の立場から考えると、がんという厄介な病の中にも、大きな意味と価値が見えてきます。
今回は私の提唱する「がんを生きる12か条」を中心に、がん患者の生き方を考えてみたいと思います。

【がんを生きる12か条】d0160105_22484998.jpg

1. あきらめない
2. がんばらない
3. 自分のがんを知ろう
4. 自分の病は自ら治そう
5. 助けてもらおう
6. 笑おう・泣こう
7. つながりを持とう
8. 死に方を考えよう
9. がんからのメッセージを聴く
10.人生を肯定しよう
11.勇気・祈り・希望
12.生き方を変える

【講師】 愛場 庸雅 

医師。大阪市立総合医療センター耳鼻咽喉科部長。NPO法人日本ホリスティック医学協会 常任理事。
1999年、自身もがんを体験し、その後自らに課されたがんの意味を問い続けている。理想のホリスティック医療への希望を心の奥深くに置きながら、総合病院での耳鼻咽喉科・頭頸部外科医として、日々の診療に取り組んでいる。

************************************

■日 時:2017年 4月 2日(日) 13:30~16:30

■参加費:(事前振込) 一般 3,000円 / 会員 2,000円
 ※当日参加は500円増

■会 場:博多バスターミナル9Fホール(第1ホール)
 ※JR博多駅(博多口)から徒歩1分

■主 催:NPO法人日本ホリスティック医学協会
    TEL.03-3341-3418

▼WEB申込みはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S59803476/