<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
by holistic-medicine | 2015-10-28 19:41 | 本部・関東
シンポジウム2015 「平成医療維新」
d0160105_1933548.jpg


ホリスティック医学シンポジウム2015 (東京)
2015年 11月15日(日) 11:00~17:00
全電通労働会館(東京都千代田区神田駿河台3-6)

【前売券】 11/5(木)まで
一般 4,000円 / 会員 3,000円(後援団体会員含む)
ペア券(2名1組)7,000円      



-------------------プログラム----------------------------

1. 「気づく、わかる、守る 〜人間の尊厳について」
  帯津 良一 (帯津三敬病院名誉院長)

2. 「なぜ今、ホリスティック医学(統合医療)なのか?」
  川嶋 朗 (東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学科教授)

3. 「在宅末期医療から見えてきた未来型医療」
  船戸 崇史(船戸クリニック院長)

4. 「東日本大震災後の東北から吹く統合医療の風」
  朴澤 孝治(朴澤耳鼻咽喉科、統合メディカルケアセンター
  Tree of Life院長)

5. 「心と病気の関係 〜心の治癒力を引き出す」
  川畑 のぶこ(NPO法人サイモントン療法協会副理事長)

6. 「意識の変容が自然治癒の鍵」
  寺山 心一翁(有限会社寺山心一翁オフィス代表)

7.  「セルフケアの時代へ」 パネルディスカッション

----------------------------------------------------------------------

▼お申し込み方法・詳細はこちら
http://www.holistic-medicine.or.jp/s…/s_office/entry2438.php

by holistic-medicine | 2015-10-26 09:52 | 中部支部
[報告]ニューロセラピーへ
心身医学からホリスティック医学へ、そしてニューロセラピーへ

於:ウィルあいちセミナールーム1・2
講師:竹内聡(たけうち心療内科院長)

まず一言。どなたにも興味深いセミナーだと感じました。
身体がDNAに支配されているといわれて久しいが、心身の座である「脳」は獲得領域に長けている。身体の異常は脳の異常でもある。
そこで脳波の高度スペクトラム分析を行い、適正な値にまで機械的に修正フィードバックをかけることで気づかない間に脳波が期待値(正常値)に近づくようになる。ある患者さんの例では約半年後には、ほぼ投薬治療なしで症状をコントロールできるようになった。

日本ではまだ数人しか行っていない治療(トレーニング)だということでした。

・・・実際にデモ体験会を行っていただきました。希望者が多く、時間が足りない結果となりました。

d0160105_9483997.jpg
d0160105_9493221.jpg
d0160105_9501620.jpg
d0160105_9512952.jpg

by holistic-medicine | 2015-10-08 21:38 | 南日本支部
広島事務局主催・健康セミナー報告
d0160105_21382180.jpg
楽しむ学ぶアーユルベーダ―の知恵
三回シリーズ・第二回目開催

アーユルヴェーダ(生命の科学)は5千年前から続く健康法。
第二回 : 『呼吸法で活力&集中力アップ』  

アーユルベーダ―の基本的3つの呼吸法を実技編として学んだ。

下記は、講師のカルキさんからのメッセージである。
d0160105_21375948.jpg


体と心の健康的な状態を維持することがアーユルヴェーダの目的です。アーユルヴェーダではそれぞれの体質に合った考えと知恵を学ぶことができます。長年試されてきた、自然に基づく知恵を生活に取り入れ、自分で心と体の健康を守ることができます。実践型の三回シリーズでセルフマッサージ、呼吸法、セルフヒーリング法を学べます。

第一回 : 『簡単セルフマッサージで心と体の活性化』 
2015年9月 25日(金)
第二回 : 『呼吸法で活力&集中力アップ』   
2015年10月 08日(木)
第三回 ; 『おうちでできる風邪予防』 
2015年11月 13日(金)
by holistic-medicine | 2015-10-04 21:49 | 北日本支部
【お知らせ】 呼吸のメカニズムを学ぶ・呼吸の実践メソッドを体験する
d0160105_21484824.jpg


仙台事務局では、10月24日に『呼吸』をテーマにしたイベントを開催します。
呼吸はいつも私たちが無意識に行っていることでもあり、
息は生きに通じるもの。いのちを育むものであり、いのちに源です。

生きてる間、毎日行っている呼吸だからこそ、
そのメカニズムを知って、健やかにあるための
呼吸の方法を知っておきたいものです。

今回は仙台で統合医療に取り組む朴澤先生から、
呼吸のメカニズムをお話しいただき、
その後で、呼吸メソッドに取り組む加藤先生の、
実践Katoメソッド呼吸のレッスンの体験があります。

生きるクオリティをアップするために、
呼吸のセミナー&レッスンを是非ご参加ください!

イベント詳細は以下になります。
-------------------------------------------------------
いのちを育む・のちの源『呼吸』

ストレスの多い現代社会で生きることに息苦しさを感じている方、様々な心身の症状にお悩みの方、『呼吸』に意識を向けてみましょう。
 私達にはホメオスタシス(恒常性)が本来備わっています。
 薬に頼らず、こころとからだを健やかに保つ呼吸法は、自然治癒力を高め、自律神経を整え、心身の調和をはかります。呼吸を知る事で生命エネルギーが満ちあふれる幸福な生活へ変わっていくでしょう。
 日本を代表する詩人の谷川俊太郎氏に長年にわたり呼吸を指導している「Kato メソッド呼吸法」を、一緒に体験する、いのちを育む『 呼 吸 』セミナーです。

■第1部『呼吸のメカニズムを学ぼう』
 耳鼻咽喉科医・朴澤先生が呼吸のメカニズムと自律神経との関係を医学的に解説します。
 講師:朴澤 孝治
(朴澤耳鼻咽喉科・ 統合メディカルケアセンター Tree of Life 院長/ 日本ホリステック医学協会理事)

■第2部『実践 Katoメソッド呼吸のレッスン』
なぜ呼吸が大事なのか、生きる力、生命の源である呼吸の大切さを伝えます。
 参加者全員でkato メソッドの呼吸法レッスンも体験しましょう。
 講師:加藤 俊朗(Kato メソッド代表、日本ホリステック医学協会会員)

開催日時/2015年 10月24日(土) 13:30 ~16:00

場所/ 仙台市医師会館2Fホール
     (仙台市若林区舟丁64-12)
     仙台市営地下鉄 「河原町駅」北1 出口徒歩3 分

参加費/会員:2,000円 /一般:3,000円(定員260名)
   (当日券販売+500円 ※販売がない場合もございます)

お申込み先/メール holi_sendai@holistic-medicine.or.jp

主催/NPO 法人日本ホリスティック医学協会 仙台事務局

http://www.holistic-medicine.or.jp/seminar/s_northjapan/entry2500.php
by holistic-medicine | 2015-10-04 21:09 | 北日本支部
【報告】 『地球交響曲第八番上映会&畠山重篤さん講演会』
d0160105_21103057.jpg


開催日時:2105年8月29日 13:30~17:00
講師:畠山重篤(カキ養殖業、NPO法人「森は海の恋人」理事長
参加人数:143名

「地球交響曲(ガイアシンフォニー)」は1992年から龍村仁監督により制作が始まり、今年8作目が発表されました。龍村監督はイギリスの生物物理学者であるジェームズ・ラブロック博士の提唱するガイア理論の「地球はそれ自体が一つの生命体である」という考えに勇気づけられ、この映画を製作をはじめたそうです。

この第8番は「樹の精霊の声」をテーマに3つの物語が展開していきます。「樹の精霊に出会う~能面・阿古父尉の復活」「樹の精霊の声を聴く~ストラディヴァリウスと震災バイオリン」「心に樹を植える The sea is longing for the forest」は、それぞれ水害にあった天河神社、東日本大震災で被災した東北と関連のあるものでした。自然の恐ろしさを体験する災害を経てもなお、自然を敬い畏れる人の様子が描き出されていました。災害の多い日本列島という場所で、日本人がそれを超えて自然とのつながりを紡ぎ続けてきた様子を、この3つの物語を通して見せていただいた気がします。

 映画上映後は、3つ目の物語に登場した気仙沼でカキ養殖業を営む畠山重篤氏の講演がありました。畠山さんは27年前に、海が赤く濁りはじめたことに気づき、その原因が水源となっている森にあることを見抜き、植林活動をはじめました。直感でそう感じたものの、そのころは科学的な根拠がなく行政などに理解を求めるのに苦労したと言います。ある時京都大学の教授が研究の相談のために畠山さんのもとを訪れました。そして、それまで縦割りだった学問を連携させ、森里海関連学というものが出来たそうです。海と森の関係は、気仙沼の海と水源の森の関係どころか、ロシアの森から流れてくる鉄分が、気仙沼の漁場に影響を及ぼしており、その森を守るためには、アムールトラの減少を食い止める必要があるそうなのです。ある地域での問題が、その地域だけで解決できる事ではなく、まさに「地球はそれ自体が一つの生命体である」ということを、実感と科学的裏付をもってわかりやすくお話してくださいました。

d0160105_214221.jpg


 東日本大震災の津波により、畠山さんの養殖している牡蠣は一度は全滅しましたが、震災以前からの取り組みの甲斐もあり、今では回復しています。畠山さんが海と森の関係に気づくことができたのは、幼いころから地域にあった海と森を繋ぐ祭りに参加していた体験があったからだそう。地域には自然と共に暮らす先人の知恵が地域に残っていたのです。

 今回は当協会会員以外の一般参加者が多く、地球交響曲ファンの方や畠山さんの講演に興味をもたれて皆さん参加されたようです。この上映会と講演会は、東日本大震災で被災した地域で、その体験を共有した人たちが集う中での開催だったからこそ、心に深くに響き、共振できたものがあったのではないかと思います。
by holistic-medicine | 2015-10-02 14:26 | 関西支部
シンポジウムの 写真のスライドショー
「ホリスティック関西2015シンポジウム」の
写真のスライドショーできました。
雰囲気をお楽しみください。



ホリスティック関西2015シンポジウムダイジェスト版パートⅠは
https://youtu.be/qVDaDDuYVgU