<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
by holistic-medicine | 2015-07-21 17:17 | 中部支部
【報告】中部シンポジウム2015
d0160105_17104490.jpg

「永久的医療へ」と題したシンポジウム。帯津会長「場」の医療を基調講演に、5人のスペシャリストにセッションいただきました。
d0160105_1711348.jpg

d0160105_1711588.jpg

d0160105_17141177.jpg

d0160105_17142698.jpg

d0160105_17145791.jpg

たくさんのご意見に頭の中は混乱を極めました。
内容の濃さと深さで文章化できません!

d0160105_17162510.jpg

シンポ後の懇親会はとってもまとまりました。ウイスキー好きの帯津会長にはマッカラン12年モノで乾杯!喜んでいただけたと思います。
by holistic-medicine | 2015-07-16 14:20 | 北日本支部
【報告】『いのちを癒す音の響き~バイブレーショナルメディスン』
開催日時:2105年7月12日 13:30~17:30 場所:エルパーク仙台
講師:降矢英成(赤坂溜池クリニック院長/日本ホリスティック医学協会副理事長)
市江雅芳(東北大学大学院医学系研究科/音楽音響医学分野教授)
遠藤園子(クリスタルボウル奏者/音楽療法セラピスト)

昨年の『リビングマトリックス』の上映会に続き、今年もエネルギー医学への知識を深めるセミナーを開催しました。今回は音の癒しをテーマに、エネルギーを感じるワークやクリスタルボウル演奏も交え、知識だけではなく体感できるセミナーとなりました。

d0160105_14135082.jpg


まずは、降矢氏から『エネルギー医学の原理~代替療法やヒーリングが効果をおよぼすメカニズム~』と題し、ジェームズ・オシュマン著『エネルギー医学の原理』などを題材に、量子論を土台としたエネルギー医学への科学的アプローチがどこまで進んでいるのか、という話がありました。細胞構造の新たな認識など、よりミクロの世界の観察が可能になることで原子レベルから量子レベルの動きを推測できるようになり、それが生体エネルギーの動きを示唆し、代替療法やヒーリングのメカニズムが解明されていくのではと期待できるお話でした。

d0160105_14105493.jpg


次に市江氏からは『統合医療におけるエネルギー医学と音楽療法の位置づけ』として、統合医療のモデルとして古代ギリシャのアスクレピオスの医学やアントロポゾフィー医学のお話の後に、実際に参加者全員で、目に見えないエネルギーを体感するワークがありました。普段からエネルギーの情報を私たちは受け取っているにもかかわらず、唯物論的なパラダイムの中で切り捨てているのだ、ということを皆さん体感されたようです。市江氏はこれを医学生の教育にも取り入れているそうです。また、生体エネルギーを測る技術開発に携わられるなど、真の統合医療の構築をめざし尽力されているお話をうかがうことができました。

d0160105_14112046.jpg


2つの講演の後は、クリスタルボウルで音の癒しを体感しました。遠藤氏がクリスタルボウル奏者になる以前の教員時代やフィンドホーンでの体験、鉱物界からのメッセージや自然界との関わり方のお話もとても興味深くうかがいました。

d0160105_14115522.jpg

d0160105_14123736.jpg


最後に3人の講師の鼎談ということで、それぞれが見えないエネルギーや音について、どのように感じ、捉えているかというやりとりがあり、唯物論の世界から抜け出た広がりのある対話となりました。見えない世界は怪しいものとして周縁化されがちですが、「人間は肉体だけではない」とは多くの人が感じていることではないかと思います。であるならば切り捨てることなく、そのメカニズムの解明に真摯に取り組むことは、人類や世界を持続可能にしていく上でも重要なことではないかと感じました。

d0160105_1492553.jpg

by holistic-medicine | 2015-07-15 21:09 | 関西支部
ホリスティック関西2015シンポジウム



【公式ホームページ】
http://www.holistic-kansai.com/2015sympo/

ホリスティック関西2015シンポジウム

■テーマ:
「心の力が医療を変える ~白熱!ホリスティック医学教室~」

 一般に、病気とは身体のどこかに何かしらの異常を来した状態であり、その原因を見つけ病気を治すのが医療だと考えられています。
 そのため医療では、心の存在を抜きにして身体ばかりに焦点が当てられる傾向にありますが、実際は心と身体は表裏一体をなすものであり、決して両者を切り離して考えることはできません。
 さらに、心の状態が病気や症状の改善もしくは悪化に大きな影響を及ぼすことを考えると、「心の力」なくして、医療や健康を語ることなどできないと言っても過言ではありません。
 そこでこのシンポジウムでは、病の意味や「心の力」と健康や病気との関係、どうしたら癒しをもたらすような関わりができるのかなど、「心の力」の奥深さについて熱く、大いに語ってもらいたいと思います。
 さあ、みなさんも白熱!ホリスティック医学教室に参加して、一緒に盛り上がってみませんか。


【場所】

サーティホール(大東市立総合文化センター)
〒574-0037 大阪府大東市新町13-30  TEL:072-873-0030



【TIME TABLE】

  平成27年9月13日(日)
9時50分~ 開場
10時20分~ 開演

10時30分~11時10分 黒丸尊治
◆ホリスティック医学と心の治癒力

11時10分~11時50分 川畑のぶこ
◆患者のこころの成長を促すサイモントン療法

11時50分~12時30分 竹林直紀
◆こころとからだのセルフケア
~薬に頼らない精神生理学的ストレスケアの実践~

12時30分~13時45分 昼休み(1時間15分)

13時45分~14時45分 岸見一郎
◆嫌われる勇気とアドラー心理学

14時45分~15時45分 心屋仁之助
◆「病気」は「自分らしく生きていない」のサイン

15時45分~16時00分 休憩(15分)
16時00分~17時00分 パネルディスカッション

17時00分~ 支部長挨拶、閉会


詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.holistic-kansai.com/2015sympo/

シンポジウム前売りチケット好評販売中!
http://www.holistic-kansai.com/2015sympo/ticket.html