<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
by holistic-medicine | 2011-03-28 08:36 | 中部支部
フォーラム「統合医療的ガン治療」2011/3/24名古屋 報告
d0160105_13444776.jpg2011年3月24日
会場 伏見ライフプラザ
    名古屋市中区栄1-23-13
講師
 統合医療希望クリニック院長・
 アリゾナ大学統合医療学科
 アソシエイトフェロー
 
 堀田由浩先生

講演タイトル
 「統合医療的ガン治療」


アリゾナ大学統合医療学科アソシエイトフェローで名古屋駅南で統合医療希望クリニックを開業されている堀田由浩先生に講義いただきました。心・体・スピリットとして全体的にとらえ、東洋・伝統医学から最先端の西洋医学まで幅広い選択肢のなかから、内なる自然治癒力を引き出す統合医療に則り解説いただきました。

今回のメインテーマであるガン治療における多様な方法のお話。副作用のほとんど無い最先端の免疫細胞培養療法(活性化リンパ球療法 ハイパーT細胞療法 BAK療法)の使用タイミングや効果実績。最近見直されている超高濃度ビタミンC点滴療法、温熱療法、心理的メンタルトレーニング、食養生、瞑想や呼吸法、イメージトレーニング、笑い療法、スピリチュアルな面までも考慮に入れたカウンセリングなど、予定の2時間は全部講義時間に、質疑応答20分は時間延長していただきました。

東日本大震災の義援金募集もさせていただきました。皆様の暖かいお志を頂戴し、翌日には日本赤十字社愛知県支部へ義援金を届けました。
d0160105_9314263.jpg


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【中部支部 今後の開催予定】
2011/4/28 「からだと心を癒す~スピリチュアルイメージワーク」
2011/5/15 「見えざる生命の力~コントロールされる身体の謎」
2011/6/5  中部支部シンポジウム2011「“いのち”に寄り添う~ひと、たましい、医療」
詳細は、http://www.interq.or.jp/world/kenko/holistic/yotei.htm
by holistic-medicine | 2011-03-25 23:34 | 南日本支部
世界のホリスティック的ライフ・国民総幸福量の国ブータン
d0160105_23103267.jpg



本日、広島事務局主催の「健康セミナー」を開催した。

セミナーのタイトルは、「世界のホリスティック的ライフーブータンの最新事情」ということで、講師は、広島事務局長の清水がおこなった。

Gross National Happiness=(GNH)という幸福度を図る指数を独自に設定し、国家プロジェクトして推進する、ヒマラヤの小さな王国ブータン。そのブータンに昨年11月に訪れた際の映像などを交えながら、幸福度の高い社会を目指すブータンの背景などを紹介した。

ブータンのGNH政策の柱でもある、基本柱の中でも、非常にユニークで示唆に富んだ内容のものがあったのも印象が深い。たとえば、下記のような内容である。

========================

ブータンの幸福度の指標


心理的幸福(精神指標=祈り、瞑想の回数など)

環境多様性(植林指標・動植物の名前の知識など)

健康 (健康状態・健康知識・健康阻害因子)

教育 (識字率・国語習得率・民話歴史知識)

文化 (方言利用・職人技術・価値伝承など)

生活水準(地域の祭り貢献度など)

時間利用(睡眠時間・労働時間)

コミュニティの活性(親族が同じコミュニティに居住かどうか)など

良き統治(貧富の差の格差是正努力度など)

==========================

まさに、ブータンにとっての「幸福度」は、身体、心、霊性においての健全な状態を
「幸福」と呼んでいるのではないだろうか。

そして、

ホリスティック医学協会の全的な健康観にも深く相通じる部分が多いと感じられる。
「幸福」という抽象的な具象は、「部分と部分が繋がって全体を形成する」といった、ホリスティック的な生活のリズムの中から育まれるものかもしれないとも思う。

今回の東日本の大震災は、私たち現代人に、「幸福の原点」というものについて、一人ひとりが熟考を余儀なくされた、ターニングポイントではないか。そして、21世紀の実験国家的プロジェクトである、国民総幸福量での国家の発展を図る国・ブータンから学ぶべきものがあるのではないかとも報告した。

民主党の政策基本である、新成長戦略の中にも、「幸福度=well-being」 高める政策の必要性が提案されているらしい。また、昨年には、イギリスのキャメロン首相や、フランスのサルコジ大統領なども、「幸福度指数」による国民アンケート実施への表明もされはじめているとのこと。

ホリスティク医学とは、医療の分野だけにとらわれず、広く「生き方を問い直す医療哲学」でもあると、最後に申し上げて閉幕した。

次回の広島での健康セミナーは、広島事務局の会員でもある、ネパール人、カルキ・パラメソールさんによる、「アーユルベーダ医学の真髄を探る」である。カルキさんは、在広島20余年。看護師の日本人の奥さんと一緒に、南アジアに継承されているアーユルベーダ医学の考え方のみならず、ヒマラヤ山脈での薬用植物の活用のされ方や、南アジアの人々の自然観や死生観、幸福感などの理解講座を地道におこなわれている方である。

5月26日(木)19時より 広島市西区区民文化センター大会議室にて

そして、7月には、協会会長である、帯津先生を迎えての健康フォーラムを予定している。
by holistic-medicine | 2011-03-18 08:34 | 中部支部
震災による安否確認等のサービス一覧
東北地方太平洋沖地震により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
ご家族や知人などで東北地方にお住まいで、安否が確認できない方もおられると思います。以下のURLが利用できますので参考にしてください。

●通信各社の伝言ページ
NTT東日本災害用伝言ダイヤル「171」
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/index.html
NTT東日本災害用ブロードバンド伝言板「web171」
https://www.web171.jp/top.php
NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス
http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi
ソフトバンクモバイルの災害伝言板
http://dengon.softbank.ne.jp/
KDDIの災害用伝言板サービス
http://dengon.ezweb.ne.jp/
イー・モバイルの災害用伝言板
http://dengon.emnet.ne.jp/
ウィルコムの災害用伝言板
http://dengon.willcom-inc.com/dengon/Top.do


●安否確認
google 消息情報
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja
赤十字 安否情報確認サイト
http://www.familylinks.icrc.org/wfl/wfl_jap.nsf/docindex/locate_jap?opendocument
MemoLi 現在位置表示機能
http://memoli.jp/pc/jinfo/

●総合災害情報
SAVE JAPAN! エリア別救済支援情報サイト 
http://savejapan.simone-inc.com/
google 災害情報総合ページ
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html
ウェザーニューズ 東日本大震災特設サイト
http://weathernews.jp/tohoku_quake2011/
ユーザーローカル 停電エリア検索システム
http://machi.userlocal.jp/teiden/
by holistic-medicine | 2011-03-12 14:21 | 中部支部
フォーラム「お産と赤ちゃん」2011-2-24報告
d0160105_135623.jpg2011年2月24日 会場 伏見ライフプラザ
名古屋市中区栄1-23-13

講師 岐阜県助産師会会長 木澤光子先生
講演タイトル 「お産と赤ちゃん-4千人のすばらしい赤ちゃんたち」

「出産は生理現象である」という話から、健全なお産とは何か?を学びました。産院、助産師、妊婦さん、家族の方など、あらゆる観点から種々の問題や子どもの将来のためを考えさせられました。今回は質疑応答にたくさん時間がかかりました。講義や質問内容としては、
d0160105_14192272.jpg
・本来動物としてのヒトは自然分娩
・会陰切開は必要ない
・流産しないために
・赤ちゃんの体脂はいつとれる?
・逆子もなおる祈りの効用
・胎内記憶はあるのか?
・産後、母乳を確実に出るようにするために
など。

講演の内容がDVDビデオになっています。(上のyoutubeはサンプル版です)
ビデオ編集局(石井様)から制作予定。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~bcfys103/
*予価は5千円だそうです。メールで「ホリスティック医学協会のホームページを見た」と書いていただければ値引きしてくれるそうです。