<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
by holistic-medicine | 2010-10-30 19:20 | 中部支部
中部支部「蘇生するオリジナル漢方へようこそ」【報告】
2010/10/28
日本ホリスティック医学協会中部支部10月例会(於:名古屋市中区伏見ライフプラザ)
「蘇生するオリジナル漢方へようこそ」 【報告】
講師:杉山和明[阿吽堂薬局 学校薬剤師]

d0160105_19103076.jpg
病気の原因を根本から改善するために・・・、処方のタイミングを外すと意味がない・・・、必要なときは思い切った用い方を・・・。漢方の奥義に触れた!そんな講義をいただいた。
原材料の良し悪しが大きく影響すること。中堅メーカーといわれるところが、案外、品質に怪しい!?漢方の世界は巾が広いだけでなく、奥が深いということをあらためて知らされました。

ちょっとだけ講義の内容を・・・
●「シナゴキブリ」「アブ」「ムカデ」「ヒル」(漢字で表記できないものがあるのでカタカナにしました) これら動物性の漢方原料は、血管のつまりを防ぐために用いられる事が多い。
●昔「丹薬」といわれるもののほとんどが、水銀を含む処方であった。毒の概念が定まっていなかった。
●神農本草経にみる上薬・中薬・下薬の分類は、実際は効果や安全性で疑問に思えるものがたくさんある。
by holistic-medicine | 2010-10-18 12:10 | 関西支部
第103回 ホリスティック フォーラム大阪  2010.11.23
d0160105_1272615.jpg


あらゆる種類の動物たちの、あらゆる種類の病気を扱う動物病院には、医療の原点があります。動物た ちは、神秘の自然治癒力を持っており、そこには、「心のエネルギー」も大きく関与しています。動物病 院の日常で動物たちが教えてくれることは、ヒトという動物にも当てはまるはず。動物たちの豊かな生と 死から、健康と医療について考えてみたいと思います。


■永田動物病院診療原則
   その1  動物の病気の90%は現代医学的治療をしないほうが早く治る
   その2  いかなる薬も生体にとっては毒物である
   その3  外科手術は本来有害であり危険である
   その4  害のない検査はない
   その5  細菌もウィルスも寄生虫も我々と共に生きる仲間である
   その6  自然治癒の障害となっているものを除去したり、不足しているものを補うことはできても、自然治癒を促進することはできない
   その7  病気の早期発見早期対処は大切であるが、無症状での検査には意味がない
   その8  病気は自然と調和するための試練であると同時に、不自然なライフスタイルに対する警告である
   その9  病気はすべて心身相関である


プロフィール
永田高司(ながたこうじ) 

1950年大阪府生まれ。宮崎大学獣医学科卒業。
玩具業界に就職後、大阪府立大学付属動物病院、ミズーリ大学付属動物病院を経て、永田動物病院(大阪府箕面市)を開業。著書に「動物力」「永田動物病院物語」「ぼくの飼い主は獣医さん」「神秘の治癒力」など。


日時:2010年11月23日(火・祝) 1:30~4:00(講演・質問) 4:00~(懇親会)
場所:関西医科大学(京阪電車「滝井駅」徒歩2分) 関西医科大学南館臨床講堂
参加費:会員 2,000円/学生会員 1,000円/一般 2,500円/一般学生 2,000円
■懇親会は無料ですので是非ご参加ください。

■6才以下のお子様の入場できません。

●原則として申し込みは不要ですが、一般の方5名以上または会員を含む 3名以上のグループでの申込みの場合は、全員の方を会員価格とさせていただきます。その場合は事前にファックスでのお申し込みが必要となります。

■今回はセルフケア講座ですので、指導士の方は出席すると2単位取 得できます。受付時に指導士用受付デスクで申請をしてください。

NPO法人 日本ホリスティック医学協会 関西支部事務局


〒570-0075 大阪府守口市紅屋町5-2
TEL / FAX. 06-6993-7501