カテゴリ:南日本支部( 36 )
by holistic-medicine | 2016-11-12 05:44 | 南日本支部
広島事務局・健康セミナー11月度
d0160105_5395911.jpg
d0160105_5401471.jpg


写真は、昨夜に開催された、越智ようこ先生による健康セミナー「音の力」のシーンである。

久しぶりに「荒城の月」や「浜辺の歌」などのメロディ・歌詞の奥深さに触れることができた。

まさに「歌詞を謡う」とは「歌詞に込められた言霊が、メロディという調べに乗って、その場を共有する人の心に響き渡る」ことなのだと感じ入った。

※下記は、国際日本文化研究センターにて、「養生と音楽療法」を研究されている、光平有希氏の論文要旨からの抜粋である。今回の「音の力」の講座での内容と合致する論旨である。
===========
「貝原益軒の養生論における音楽の役割とは」

人間が治療や健康促進・維持の手段として音楽を用いてきたことの歴史は古く、東西で古代まで遡ることができる。各時代を経て発展してきたそれらの歴史を辿り、思想を解明することは、現代音楽療法の思想形成の過程を辿る意味でも大きな意義を孕んでいるが、その歴史研究は、国内外でさかんになされてこなかった。


この音楽と治療や健康促進・維持との関係については、日本においても伝統芸能や儀礼の中で古くから自国の文化的土壌に根付いた相互の関連性が言及されてきた。しかしこのような伝統芸能や儀礼だけでなく、近世に刊行された養生書の中には健康促進・維持に音楽を用いることについていくつかの記述があることが明らかとなった。(中略)


貝原益軒の養生論における音楽の役割とは、特に能動的に行う詠歌舞踏に焦点を当て、詠歌舞踏の持つ心身双方への働きかけが「気血」を養い、それが養生につながるという考えを『養生訓』から読み解くことができた。また、同時代イギリスにおいて書かれた養生論における音楽療法思想と益軒の思想とを比較してみたところ、益軒の音楽効果論には音楽の「楽」の要素を重視し、音楽が心に働きかける効果を特に重んじているという特徴が見られた。


このように益軒の養生論における音楽効果は、古代中国古典の思想を基盤としながらも、その引照に終始するのではなく、益軒の生きた近世日本の土壌に根付いた独自の観点から音楽の持つ心理的・生理的な効果を応用して、心身の健康維持・促進を図ることを目的として書かれているという点で、重要な示唆を含んでいると考えられる。
by holistic-medicine | 2016-10-06 21:12 | 南日本支部
広島事務局・健康セミナー10月度
広島事務局 10月度健康セミナー開催報告

三回シリーズの第二回目が無事に終了。
最終回は、11月11日に開催予定です。

d0160105_2182047.jpg
d0160105_2184679.jpg
d0160105_21115258.jpg

by holistic-medicine | 2016-09-14 21:16 | 南日本支部
広島事務局・健康セミナー9月度
d0160105_2113383.jpg


広島事務局主催・連続セミナー第一回目

講師: 越智ようこ先生。

第一回目のタイトルは、『 呼吸法と内観法 』

※数多くの呼吸法のご紹介とともに、最後は、マインドフルネスのお話で参加者一同、盛り上がりを見せました。

次回は、『 笑顔の力 』 というタイトルにてのお話です。企業のメンタルトレーニングなどの分野でもご活躍されている越智先生のお話は、非常に聞き取りやすい内容であり、かつ、奥の深い内容でした。
by holistic-medicine | 2016-04-02 22:59 | 南日本支部
世界の養生場シリーズ・第一回 GNHの国・ブータン
世界の養生場シリーズ・第一回目は幸せの国ブータン。

ブータンの政策の中心である、GNH( gross national happness ) の考え方の背景とその実践風景を紹介。

21世紀の地球上において、ある意味実験国家ともいえる人口70万人、九州くらいの広さの国・ブータン。

その文化的、歴史的、宗教的などから見えてくる、「幸せの在り方」への思考を紐解く場となった。

次回は、世界の屋根・ヒマラヤの持つ、養生場としてのエネルギーを紹介し、最終回は、日本における山岳養生場として栄えてきた、修験道世界を紹介する。
d0160105_22591947.jpg
d0160105_22594475.jpg

by holistic-medicine | 2015-10-08 21:38 | 南日本支部
広島事務局主催・健康セミナー報告
d0160105_21382180.jpg
楽しむ学ぶアーユルベーダ―の知恵
三回シリーズ・第二回目開催

アーユルヴェーダ(生命の科学)は5千年前から続く健康法。
第二回 : 『呼吸法で活力&集中力アップ』  

アーユルベーダ―の基本的3つの呼吸法を実技編として学んだ。

下記は、講師のカルキさんからのメッセージである。
d0160105_21375948.jpg


体と心の健康的な状態を維持することがアーユルヴェーダの目的です。アーユルヴェーダではそれぞれの体質に合った考えと知恵を学ぶことができます。長年試されてきた、自然に基づく知恵を生活に取り入れ、自分で心と体の健康を守ることができます。実践型の三回シリーズでセルフマッサージ、呼吸法、セルフヒーリング法を学べます。

第一回 : 『簡単セルフマッサージで心と体の活性化』 
2015年9月 25日(金)
第二回 : 『呼吸法で活力&集中力アップ』   
2015年10月 08日(木)
第三回 ; 『おうちでできる風邪予防』 
2015年11月 13日(金)
by holistic-medicine | 2015-09-25 21:35 | 南日本支部
広島事務局主催・連続健康セミナー第一回目
楽しく学ぶアーユルベーダ― 連続健康セミナー第一回目
講師: カルキ・パラメソール先生

本日、連続講座の第一回目が行われた。
連続三回での講義なので、ステップアップの段階を踏まえた上での、基礎理論講座と、実践マッサージ術。

非常にわかりやすく、アーユルベーダ―の基礎理論の初級編を教授していただいた。
d0160105_21344899.jpg

by holistic-medicine | 2015-03-26 23:09 | 南日本支部
広島事務局連続講座三回目・終末期と養生
広島事務局主催・連続健康セミナー最終回。

統一テーマである、 『心を調える』 のサブタイトルとして、『終末期と養生』がメインテーマであった。

講師は、連続三回とも、広島県三次市にある西光寺の僧侶・檀上宗謙先生。

今回のお話の最後に、広島市にて『養生センター(仮称)』の立ち上げ構想もお話されていた。

医療の世界にとどまらず、信仰、哲学などの分野からの智恵の結集が必要とされている時代であることを痛感した一日であった。和尚さんの講演の一部を抜粋して動画でご紹介しよう。

https://youtu.be/RL240hC7bzk
by holistic-medicine | 2015-02-18 22:53 | 南日本支部
広島事務局連続講座二回目・瞑想と養生
本日、連続講座二回目・「瞑想と養生」の講座があった。

講師は、禅宗の僧侶である檀上和尚様。今日は、 「肉体と霊体」 ・ 「五色と身体」 ・ 「瞑想と呼吸」 ・ 「感謝と養生」 といったことがキーワードであった。動画撮影分を編集の上、レポート代わりにアップしている。

http://youtu.be/XkCLh6tJx4o


by holistic-medicine | 2015-02-12 11:30 | 南日本支部
ホリスティック的養生のススメ ・ 連続講座二回目のご案内。
広島事務局主催・連続健康セミナーのご案内です。

第二回目のテーマは、瞑想と養生について

臨済宗の僧侶である、檀上和尚さんの指導による、「瞑想禅」実技もあります。
d0160105_11293690.jpg

by holistic-medicine | 2015-01-23 09:50 | 南日本支部
ホリスティック的養生のススメ・連続講座第一回開催

昨日、ホリスティック的養生のススメと題する、連続講座の第一回目を開催した。

昨日のテーマは、「食・環境と養生」ということであった。連続講座の講師である、檀上和尚さんからは、食養生とならびに、環境とのかかわり方を『肉体的』のみならず『霊体的』な側面からもお話いただいた。

また、仏教での『七施』についても詳しく解説をいただき、美意識をもって身近な見の周りの処し方を調えることの大切さが、引いては養生ライフへも繋がるということを聞いた。

来月は、実践的な瞑想や呼吸法を学び、養生ライフへの具体的取組方などのお話を聞く予定である。
次回は、2月18日(水)である。
d0160105_9484198.jpg


講師プロフィール

檀上 宗謙 和尚1956年生まれ

龍谷大学 経済学部卒業 26歳 インドの聖地にて滞在中、仏教の真髄に触れ、 帰国後、臨済宗建仁寺派 神勝寺にて得度出家。 京都 建仁寺専門道場にて修行後神勝寺にて年間3万人以上の中高大学生を中心とした座禅指導を行う

2002年妙心寺派西光禅寺の住職として入寺。インドバンガロール、オランダライデンアメリカサンタバーバラの 病院、学校機関などで「禅と心の環境学」についての講演 福山市看護学校 ホスピス緩和ケア講師 病院等の職員研修を20年近く指導

毎月宗派を越えての「祈りの学校」を主催し 座禅やスピリチュアルライフへの道について 提唱をしている。
著書「般若心経CDブック」マキノ出版 講話録本 「優しくなりたく候」日本、英訳 現在 三次市西光寺 住職