カテゴリ:未分類( 6 )
by holistic-medicine | 2016-12-22 16:34
シンポジウム2016「量子医学革命」報告
「量子医学革命 ~エネルギー医学と潜在意識~」

去る2016年11月20日に行われたシンポジウムは、約400名の方にご来場いただきました。
当日は、帯津良一氏、天外伺朗氏、石川勇一氏、奥健夫氏、小笠原和葉氏、5名による講演と降矢英成会長が進行を務めるパネルディスカッションが行われました。

d0160105_1820314.jpg

帯津良一氏(帯津三敬病院名誉院長・当協会名誉会長)は、自身のホリスティック医学人生についての総括とベルクソン、スマッツなど先人の業績を振り返り、「ホリスティック医学とは場の医学である」と力説。これからの医療の方向性は、「治し」の西洋医学と「癒し」の生命力を高めるセラピーを統合し、「患者との関係性」(寄り添う、一体化するなど)を通して、「場の医療」を追究することであると、熱い思いを語られました。

d0160105_18263082.jpg

天外伺朗氏(ホロトロピック・ネットワーク代表)は、コアビリーフ(信念・価値観)は、各人が信じている「個人的コアビリーフ」と、特定の国家や文化圏で暮らす人が共通で信じている「社会的コアビリーフ」があると説明。後者はいわば集合的な一般常識であり、それは事象に大きな影響を与える。例えば、宗教施設などで奇跡の治癒が発生しやすいのは、「その宗教の教えに従えば病が治る」というような特定の集合的一般常識が共有される場であるからだと、述べられました。


奥健夫氏(滋賀県立大学教授・工学博士)は、「生命」と「心」は、物質レベルでは解明できない何かが関わっている。画期的な研究として、「ホログラフィック原理」があり、それを元に宇宙が空間の3次元に時間を加えた4次元時空であるため、宇宙内部の全空間および全時間(過去・現在・未来)のすべての情報が3次元境界面に記録される、という「3次元境界ホログラム」という理論を解説。個人の心の持ち方や行動が、宇宙全体に影響を及ぼすことを示唆されました。


石川勇一氏(相模女子大学教授、日本トランスパーソナル心理学/精神医学会会長)は、自身のシャーマニズム文化圏での神秘体験を赤裸々に語ることによって、潜在意識と顕在意識、内界と外界の境界は曖昧であり、時空間も相対的であると説明。修験道者でもある石川氏はspiritの世界を話す準備として、舞台で「法螺貝」を吹かれ、その音の響きに会場は感動に包まれました。


小笠原和葉氏(Body Sanctuary代表)は、理系出身のボディーワーカーであり、体は、「顕在意識」と「潜在意識」、その両方にまたがり、繋いでいるものと捉えています、施術は一見、術者→クライアントの一方向の作用に見えるが、両者の「意識同士の相互作用」が起こっていると説明。そして、技術知識以前に施術者の「在り方」が、施術の結果に大きく影響すると語られました。


d0160105_18242969.jpg

最後のパネルディスカッションでは、降矢英成氏の進行で「今後の量子医学」について、天外氏、奥氏、石川氏、小笠原氏らが互いの知識や経験談を語り合い、盛況のうちに幕を閉じました。


詳しいレポートは、「ホリスティックマガジン2017」(2月末発行)に掲載いたします。


d0160105_1821225.jpg


--------------------------------------------------------------
<エネルギー医学 関連セミナーのご案内>
スピエネット連続講座 名著『フィールド』 解説シリーズ 
■第3回 2017年2月4日 (東京)
 「“生体光子(バイオフォトン)”と“脳・意識・ホログラフィー”」

■ 第4回 2017年4月1日 (東京)
「“量子生物学の夜明け”と“信念・想念の力” 」
--------------------------------------------------------------
by holistic-medicine | 2013-05-21 15:38
5月26日(日)「癒す医療、治る力」(中部支部)のライブ配信
中部支部月例フォーラム5月26日「癒す医療、治る力」14:00~16:00

U-streamでライブ配信(簡易版)を行います。
http://ustre.am/Yqmb

遠方で参加できない方。ご視聴くださいませ。

d0160105_15363722.jpg

by holistic-medicine | 2013-05-16 13:22
2013年関西支部 シンポジウム
d0160105_1321312.jpg


【2013年のホリスティック医学シンポジウム大阪】

関西支部では2年に一度シンポジウムを開催しております。
今年は10月20日に開催いたします。

概要が決まりましたので、ホームページを是非ご覧くたざい。
(一部コンテンツが未掲のものもあります。)

前売り券の発売は6月10日からです。
現在予約受付中です。

今年はメインスピーカーに
「断捨離」のやましたひでこさんをお招きして

『こころ、からだ、たましいからの断捨離』というタイトルで
開催いたします。

準備が整い次第、最新情報をアップしていきます。
詳しくはホームページをご覧ください。
by holistic-medicine | 2012-10-18 18:06
第110回ホリスティックフォーラム in 関西支部
d0160105_17532235.jpg


当院では、アンドリューワイル氏の提言する統合医療 の理念に基づいて、本来人に備わる治る力を引きだす ことをモットーにして特にがん治療を中心に診療を行っ ています。

 初診は、約1 時間かけて、病気になった 原因を探り出して行きます。更に基本事項として呼吸 法から、心の使い方、運動や体温管理、自然農法玄 米や野菜ジュースと言った食養生まで免疫力強化のラ イフスタイルをお伝えしています。

 現代西洋医学で利 用可能なものは、賢く活用しながら、活性化自己リン パ球療法、樹状細胞療法、BAK療法やマクロファージ 活性化療法など、多くの選択肢を提案し、病状に合 わせてご利用いただいております。

 超高濃度ビタミンC 点滴療法、αリポ酸などは、抗がん作用に加え、劇的 な体質改善が起こるので、体力や気力も回復し、免疫 力強化の生活習慣改善が行いやすくなる利点を感じて います。

 今回は、わたくし自身の経験と当院での基本 的ながん治療の流れについてご紹介させて頂きます。


プロフィール
堀田 由浩( ほった よしひろ)

外科医、形成外科医を経 験し、内なる自然治癒力 を重視していない現代西 洋医学的なアプローチだ けでは完全な治癒には結 びついていない現状に悩 む。2001 年6 月気功勉 強会に参加し、気の意味 や道教の哲学に触れ、人間が本来持って いる自然治癒力を常に刺激していく未病の概念や積極的な健康維持の重要性を認 識する。2004 年1 月からアンドルーワイ ル氏の主宰する米国アリゾナ大学での統合医療学科の研修生。統合医療の理念を基準に21 世紀の最先端医療を追求するため2010 年7月名古屋市に希望クリニックを開業する。

d0160105_17575254.jpg


● お申込み方法が変わりました。


予約優先 ホームページまたはFAXでお申込みください。
d0160105_182312.jpg



NPO法人 日本ホリスティック医学協会 関西支部事務局
〒570-0075 大阪府守口市紅屋町7-10-502
TEL / FAX. 06-6993-7501

by holistic-medicine | 2012-10-17 11:20
沖縄事務局 開設のお知らせ
~2012.9月 より JHMS沖縄事務局が開設されました~

NPO法人日本ホリスティック医学協会 南日本支部 沖縄事務局
(所在地)〒902-0069 沖縄県那覇市松島2-1-16 ミオカステーロ松島502
              代替医療ホリスティック・エクスプロア内
              TEL&FAX 098-995-8030


事務局長より ごあいさつ

これまで沖縄は、常に本土に渡らなければ会員間の交流や、学習の場がありませんでした。古参の会員が離れてゆく理由も、一番が沖縄では何の取り組みも無いから、というものでした。それが福岡事務局の架け橋・ご尽力により、この2年間に沖縄での協会主催講演会やワークショップが実現し、ホリスティックに関心をもつ医療・農業・各種企業などの専門職、また自らの病気と向き合う一般市民が一堂に会する機会が得られました。

昨年から、会員相互の活動をシェアするため、ほぼ定期的に勉強会や検討会を行い、そして講演会の運営を一致協力して担って参りました。今回、事務局を開設し、更に連携を強め、活動を充実させ、「ホーム(家庭)・コミュニティ(職場、地域)」と「医療・福祉・保健・行政(組織、施設)」の統合も視野に入れた、大きな『健康の輪』実現の一翼を担いたいと考えています。

こちらで「命どぅ宝」(存在するすべての命が尊い)という言葉。
それは大地、風、海、太陽、天空、ご先祖、子孫、そしてともに生きる物……すべてが絆で紡がれていて、一つひとつはその結び目に過ぎない、それを妨げることのないように配慮してゆく、というホリスティックなマインド(心がけ)です。

今後ともよろしく、ご指導ご援助お願いします。

沖縄事務局長  濱田 賢治 (医師/代替医療・ホリスティク・エクスプロア代表)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

沖縄事務局 開設記念 特別フォーラム

21世紀の医療~スピリチュアルメディスン
ラリー・ドッシ―博士 特別講演会
 


日 時 : 2012年11月4日(日) 15:15~16:30

場 所 : 浦添市産業振興センター 結の街3階ホール
     (沖縄県浦添市勢理客4丁目13番1号)

参加費 : ¥5,000 ( 会員¥3,000 )

問合せ : T E L 098-995-8030 ※担当 我如古 (がねこ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
by holistic-medicine | 2012-08-30 02:51
関西支部 ホリスティック医学概論セミナー(対話シリーズ2)
d0160105_246929.png


関西支部ではホリスティック医学概論セミナーを毎年開催し、ホリスティック医学の5つの定義に則った解説を試みてき ました。ところが同じテーマを話しているにもかかわらず、講師の違いによりそれぞれ視点が異なっていることに気づきま した。そこで、二人の講師が同じテーマについて、各々の立場から解説をし、その後、講師間でのディスカッションや、参加者からの質疑応答および意見交換をすることで、ホリスティック医学を多角的に、より深く理解することができるので はないかと考えました。

今回は、2回シリーズの第二弾として、ホリスティッ ク医学の5つの定義のうち、
「1、ホリスティック(全的) な健康観に立脚する」
「3、患者が自ら癒し、治 療者は援助する」
「5、病の深い意味に気づき、自 己実現をめざす」
を取り上げ、各々のテーマについて二人の講師の立場から解説をさせて頂きます。
参加者の方にも積極的にかかわって頂くことで、実りあるセミナーになることを期待しております。

講師プロフィール

講師 : 黒丸尊治( くろまる たかはる)
     (協会関西支部長・彦根市立病院緩和ケア科部長)
1959 年東京都生まれ。1987 年信州大学医学部卒。 心療内科医を経て現在は緩和ケア科医。「希望」 が持てる緩和医療をモットーに日々の臨床に取り組 む一方、心の治癒力をうまく引きだすホリスティックコ ミュニケーションの啓蒙、普及にも精力的に取り組ん でいる。著書に『心の治癒力をうまく引きだす』『緩 和医療と心の治癒力』(以上築地書館) などがある。


講師 : 愛場庸雅( あいば つねまさ)
     (協会理事・大阪市立総合医療センター耳鼻咽喉科部長 )
1955 年大阪府生まれ。1980 年大阪市立大 学卒。耳鼻咽喉科医。専門は嗅覚味覚障害、 頭頸部がんなど。1991 年頃から、ホリスティック医学を学び始める。理想のホリスティック医療への希望を心の奥深くに置きながら、総合病院での耳鼻咽喉科・頭頸部外科医として、日々の診療に取り組んでいる。

開催要項

日時 2012年9月23日(日)
第一部 定義1「ホリスティック(全的) な健康観に立脚する」
      定義3「患者が自ら癒し、治療者は援助する」(13:30~14:30)
第二部 定義5「病の深い意味に気づき、自己実現をめざす」(14:40~15:40)
第三部 パネルディスカッションおよび質疑応答(15:40~16:30)
◆場所: 関西医科大学( 京阪電車「滝井駅」徒歩2 分)  1 号館第一講堂2F
◆参加費: 会員2,500 円/ 一般 3,500 円   
■6 才以下のお子様の入場できません。
■生活習慣病予防指導士の方は、3 単位取得できます。

参加希望者は原則、HPかFAXでお申し込みください。
(予定が決まらない場合いは当日参加も可です。予約優先)

d0160105_248175.png



NPO法人 日本ホリスティック医学協会 関西支部事務局
〒570-0075 大阪府守口市紅屋町7-10-502
TEL / FAX. 06-6993-7501